ホーム  >  購入時の諸経費

購入時の諸経費

不動産購入予定の方、必見!失敗談とトラブル集

こちらでは、不動産購入時に必要となる諸費用についてご説明いたします。購入してから「思った以上に諸費用が高くついてしまった」ということにならないよう、事前にきちんと計算し、その分の費用を確保しておきましょう。

img3a

諸経費の計算方法

居住目的に物件を購入する場合、一般的に売買価格の約7~8%の諸費用が必要になります。

計算式は以下の通りです。

 

総額【売買価格+諸経費】-借入額=自己資金

 

つまりは総額(諸費用含む)から借入可能な金額を差し引いた残額、それがすなわち自己資金として必要な費用ということになります。

不動産の購入例

不動産物件を購入した場合の例を挙げてみます。
物件価格:3,000万円
購入経費:物件価格の7%
借入額:2,500万円

 

【計算式】
3,000万円+210万円=3,210万円
3,210万円(総額)-2,500万円(借入額)=710万円(自己資金)

 

上記の計算式から、自己資金として710万円が必要になることがわかります。

img3a

諸経費内訳

諸費用内訳として必要な諸費用は以下の通りです。

 

◆売買契約書印紙代
◆仲介手数料
◆ローン諸経費

・保証料
・ローン契約印紙代
・団体信用生命保険料
・火災保険料(地震保険は任意)

 

◆登記費用

・登録免許税
・司法書士報

◆固定資産税・都市計画税の日割り精算金(売り主が年税額を全納し、所有権移転の日で日割り精算します)
◆管理費、修繕積立金の日割り精算金(ただしマンションのみ)

 

その他、実際に居住するまでに必要な費用は以下の通りです。

◆引っ越し代
◆生活設備代(必要な家具など)
◆不動産取得税
◆管理費、修繕積立金(ただしマンションのみ)
◆中古一戸建てや中古マンションの場合、リフォーム代など
◆居住後の4月1日以降に、固定資産税・都市計画税の納付

 

事前にしっかりと把握していないと、思いもかけない出費に見舞われることになりかねません。諸費用を含んだ資金計画をきちんと立てましょう。

※上記の「諸費用は売買価格の7~8%」の計算はあくまで概算です。大体の目安として捕らえてください。

img3a


フェイスブックページはコチラ↓


  当社スタッフのつぶやき↓

  • デザイナーズ特集
  • 貸店舗特集

プラウデストレジデンス
グループ

  • センチュリー21堂島店売買
  • センチュリー21城東店
  • センチュリー21堂島店賃貸

プラウデストホーム
グループ

  • センチュリー21今福鶴見店売買

エヌプライズグループ

  • エヌプライズJR放出駅前店・売買
  • エヌプライズJR塚本駅前店・売買
  • エヌプライズJR放出駅前店・賃貸
  • エヌプライズJR塚本駅前店・賃貸
  • エヌプライズ野田阪神店・賃貸
センチュリー21の加盟店は、 すべて独立・自営です。

ページトップへ